読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奄美大島観光客以上島人未満

毎月、奄美大島に来ているのでオガワブンゴ的視点で奄美大島のオススメを紹介していきます。

奄美大島内の距離感

f:id:ogawabungo:20160611180017j:plain

どこかに行った時、あちこち行ってみたくなっちゃって計画を立ててみたけど、思いのほか遠かったという経験ってあるかと思います。

僕の生まれた北海道に観光しに行く人の話をたまにこんな具合で耳にします。

新千歳空港から札幌に行ってスープカレーを食べて、その後小樽のレンガ倉庫をみて、富良野へ。その後、旭山動物園に行って、網走刑務所を見に行きたいんだよね!」みたいな。。。知っている人はわかると思いますが、恐らく移動している時間のほうが圧倒的に長く、そして確実に疲れます。短期間ではなかなか過酷な計画です。

こういうことになっちゃうのって、やっぱり「距離感」がいまいち掴めていないのかなって感じます。

と、いうことでざっくりとした奄美大島内の距離を出してみます。

奄美の中心地「名瀬」を基点

●名瀬⇒奄美空港      約30km

●名瀬⇒龍郷        約16km

●名瀬⇒佐仁        約40km

●名瀬⇒大浜海浜公園    約8km

●名瀬⇒住用(すみよう)  約20km

●名瀬⇒宇検(うけん)   約40km

●名瀬⇒湯湾岳(ゆわんだけ)約42km

●名瀬⇒屋鈍海岸(やどん) 約62km

●名瀬⇒瀬戸内       約42km

 

こんな感じの距離感になります。

バタバタするのは得策じゃないので、距離感を頭に入れて有意義な奄美LIFEを過ごしてください!

 

鶏飯を食べるなら『ばしゃ山村のレストラン「アマネシア」』

f:id:ogawabungo:20160609201844j:plain奄美大島に来たら必ず『ばしゃ山村のレストラン「アマネシア」』の鶏飯(けいはん)を食べます。

美味しい鶏飯を出してくれるお店はたくさんありますが、僕的にオススメなのがココ。

空港から車で10分ぐらいなので、いつもは到着後にランチで鶏飯をサラサラと。

で、アマネシアで食事をするならもう一品!

郷土料理でもある「あぶらゾーメン」を食べてください!!

2名で行った場合、

かさりの鶏飯1人前+あぶらゾーメンでランチは完了です^^

メニューはこちらから

http://www.amami-basyayama.com/rest.html

 

■ばしゃ山村

鹿児島県奄美市笠利町用安1246-1 TEL:0997-63-1178

地図 https://goo.gl/maps/U9TsH2jCJcJ2

www.amami-basyayama.com

 

 

東京から奄美大島へはバニラエアが断トツ安い!!!

 

 

www.vanilla-air.com

東京(成田)から奄美大島へは「バニラエア」が断トツ安い!

JALもありますが、価格でみるとバニラが圧倒的に安いです。

JALは羽田発着

僕は、安い時で往復1万円以内で購入できました。

で、定期的に格安チケットが売り出されますのでメルマガ登録しておくのがオススメ!

 

 

ブログをスタートします!

f:id:ogawabungo:20160609010123j:plain

毎月、奄美大島に来ているのでブログを書いてみることにしました!

■タイトルの「奄美大島観光客以上島人未満」について

僕の活動のベースは東京です。

身内が奄美大島に住んでいて、おまけに奄美大島に仕事でも来ていることもあり、僕は観光客目線になったことが一度もありません。とはいえ、月に一度の奄美大島になるので当然、島の人間でもありません。

と、いう僕の状態をタイトルに当てはめてみました。

奄美大島観光客以上島人未満」

奄美大島 観光客 以上 島人 未満」

「あまみおおしま かんこうきゃく いじょう しまんちゅ みまん」

■どんなことを書いていこうかなと

上記した通り、観光客と島人のちょうど中間に位置している僕ですが、ごはんを食べに行ったり、海に行ったり、仕事をしたりとゴキゲンに奄美大島を満喫しています。そんな僕なりの視点を軸に大好きな奄美大島の情報をアップしていけたらなと思ってます。

少しでも奄美大島に興味を持っていただき、多くの方々が来島するきっかけになれば嬉しいです。

 ■オガワブンゴのプロフィール

1976年9月北海道室蘭市生まれ
2000年3月東洋大学法学部卒業。20社以上の転職を繰り返す20代を過ごし、2009年5月にNewYorkで開催したストリート写真展「under the skies of NewYork」を皮切りに写真家として本格的に始動。
2010年6月に「スタジオ シバリー・ベース」を東京中野にオープン。同時にシバリー・ベース株式会社を創業。
写真撮影、スタジオ運営、webTV配信、cosprit撮影会(コスプレ写真撮影会)を主軸とし、cosprit撮影会は、全国からコスプレイヤーが集まるコスプレ写真撮影会に。コスプレ写真展「cosprit photo collection(コスプリットフォトコレクション)」を5回開催し、2012年に「100photographers」を新宿区と共催。
メンタルトレーナー高畑好秀と共に「スポーツ魂テンツ」を立ち上げ、現在は同氏と野球球児(高校・中学)を対象にした実践セミナー「ベースボールマップス」を運営している。
写真家としては、NILE RODGERS & CHICを始め、多くのミュージシャンを主に撮影。2013年4月にはナイルロジャーズの写真展を渋谷で開催。
2015年10月に「スタジオ シバリー・ベース」閉鎖後、写真撮影、写真撮影ディレクション、webTV配信ディレクション、代官山CCスタジオの運営メンバー、ゲーム映像の日本語版ローカライズの制作ディレクション、ストロボマガジンの運営を行っている。
2016年8月18日にmookmook radio(ムックムックラジオ)をベータリリース。

mookmookradio.com